ひかり電話などはこれからの時代すごく便利|快適な通話環境作り

男性

便利な電話のサービス

電話加入権を手に入れるために必要なコスト

IT

携帯電話が普及し始めてから固定電話の必要性は、大きく下がりました。しかし、それでもFAXやADSLなどを利用するために、家に固定電話を持ちたいという方もいることは確かです。では、どうすれば固定電話を引くための電話加入権を購入することが出来るのかというと、基本となるのはNTTから購入することです。その場合は3万6800円がかかるのです。しかし、電話加入権を購入する方法は他にもあるのです。電話回線には様々な理由で不要になったものがあるのです。それを買い取って販売する業者がいるのです。電話加入権の販売業者から購入した場合には、1万円前後で購入することが可能です。また購入した回線が自分で開通手続きをしなければいけない「休止渡し」であれば、さらに数千円安く購入が出来るのです。

電話回線は権利がないと引けません

電話加入権とは、電話回線を契約して通話できる状態に出来る権利のことを言うのです。また、この権利を持っていれば、回線を好きな時に休止することが出来ますし、引越しに伴い別の場所に電話を移す権利を有しているのです。もしも、休止をした場合には手続きの料金を支払えば、維持費は無料です。5年ごとに休止を更新していくことで、継続することが可能です。もしも休止から10年が経過して休止を継続すると申し出ない場合には、回線は解約されるのです。電話加入権を得るために支払う料金を電話加入料と呼ぶのですが、一度支払った料金は電話回線を解約したとしても返還されることはないのです。そのため、電話加入権が必要なくなったときに、業者に買取をしてもらうことが多いのです。電話加入権は譲渡や転売を禁じていないので、このような取引が可能となっているのです。

Copyright©2015 ひかり電話などはこれからの時代すごく便利|快適な通話環境作り All Rights Reserved.