ひかり電話などはこれからの時代すごく便利|快適な通話環境作り

男性

契約がとてもスムーズ

固定電話を利用するための電話加入権とは

インターネット

電話加入権はNTT東日本と西日本が提供している加入電話回線の契約および架設する権利のことであり、その歴史は電話事業がはじめられた1897年の加入登記料制度がルーツとなっています。その後、1952年の日本電信電話公社が発足し、本格的に電話回線網の普及が行われるようになると1960年に設備料という名称に変更し1万円となり、1968年には3万円、1971年には5万円、1976年にはピークの8万円になります。その後、1985年に電話自由化に伴い7万2千円に改定されることになります。1990年代までは電話といえば固定電話であり、また日本電信電話公社およびNTTの電話回線に入る必要があり、電話加入権は債権のひとつとして扱われていましたが、1990年代以降は携帯電話などの普及やデジタル回線の普及などにより、その役割は低下し2005年には37800円に改定され、さらにNTTでも電話加入権が必要なくても固定電話を利用できるサービスを提供しています。

現在の固定電話について

現在の固定電話は、電話加入権を用意してNTTに回線を敷いてもらう方法のほか、設置費用や月額料金が少し割高であるものの、電話加入権不要で電話回線を引いてもらうサービスがあります。またインターネットを利用するためのデジタル回線を使ったIP電話による固定電話もあり、ケーブルテレビや光ファイバーによる通信回線を利用して電話を利用することが可能になっています。一方で、携帯電話が普及するようになるとそもそも家庭に固定電話を置かないという家も多くなっています。電話加入権そのものはかつてほどの価値はないものの電話加入権の売買は今でも行われており、購入することが可能で、またこの電話加入権を利用してNTTに依頼して電話回線を引いてもらうことも可能です。

Copyright©2015 ひかり電話などはこれからの時代すごく便利|快適な通話環境作り All Rights Reserved.